越田 ⇒ koshida

koshidaのあるこの場所は今まで越友(こしとも)という古美術店でした。
祖父、父、主人と三代にわたり、主にお茶道具を扱ってきました。
主人を手伝いつつ機能性や芸術性を追求した多くのお道具に出会うことができ
大変勉強になりました。
またお客様方からも厚い信頼をいただき本当にありがたいことでした。
閉店後、縁あってkoshidaを開店できますのもこれまでお世話になった
越友のお客様のおかげと心より感謝しています。

古いお茶道具と動物雑貨……かけ離れているような気もしますが
作り手の熱い思いや持つ人の大切に慈しむ心は
いつの時代にあってもどんなものでもそんなに変わらないですよね。
丁寧に金継ぎされたお茶碗、ふっくらした仕覆に包まれたお茶入。
特別な日に使う一客のカップ、幼いころから大好きなぬいぐるみ。
大切なものへの思いを人から人へつないでいく日々が私の
毎日となっていくのかなと思います。

koshidaはうちの苗字で越田と書きます。北陸に多い名前です。
由来を見ていると「古志田」と書かれることもあるそうです。
いにしえの人の志と言うと大げさですが
日本人が守ってきたなごみの心を大切にした平穏な暮らしが
お客様にもあり続けるようにお手伝いできたらと思います。

茶道の教えにもある一生に一度のかけがえのない出会いをいつも心に留めて
生活に寄り添うものに動物たちの可愛さを加えてご紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

モチノキ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です